So-net無料ブログ作成
MOD Review ブログトップ

【MOD】 Eleaf - iStick Pico TC 75W テクニカルMOD [MOD Review]



皆さんどーも!お小遣いベイパーのDroneです!
最近、自生活が忙しく更新を怠っていましたが、これからは頑張って更新していきたいと思います。

今回レビューするのは、Eleafから発売されている超人気テクニカルMOD『iStick Pico TC 75W』になります。海外サイトのEverzonから新色のFull Blackを購入しました。


では、早速レビューをしていきたいと思います。

外装・開封
IMG_7403[1].JPG
IMG_7404[1].JPG
IMG_7405[1].JPG
パッケージ内容
・iStick Pico TC 75W 本体
・USBチャージケーブル
・取扱説明書

今回購入したのは、スターターキットではないのでiStick Pico本体のみのパッケージになります。
スターターキットの場合は、アトマイザーにMELO Ⅲ mini、0.3Ωコイル、0.5Ωコイル、交換用Oリングが入っています。

iStick Pico TC 75W 本体
IMG_7424[1].JPG
Full Blackかっけぇ~www

・本体サイズ
70.5×45×23

スペック
・出力モード:VW、Bypass、TC (Ni/Ti /SS/TCR M1~M3)
・出力電力(W):1.0W~75.0W 0.1W刻み
・温度管理範囲: 100 - 315°C / 200 - 600°F
・抵抗値範囲:0.1Ω~3.5Ω(VW、Bypass)0.05Ω~1.5Ω(TC)
・18650バッテリー 1本使用
・ファームウェアアップデート対応

本体上部
IMG_7406[1].JPG
スプリング式510接続とバッテリー挿入口

IMG_7408[1].JPG
バッテリーはプラスが下向きになるように挿入します。

本体底部
IMG_7407[1].JPG
調整の+、-ボタンとベントホール

では、電源を入れていきましょう。

パフボタン5回押しで ON/OFF
IMG_7409[1].JPG

パフボタン3回押しでモード切替になります。

VW
IMG_7410[1].JPG

Bypass
IMG_7411[1].JPG

Ni
IMG_7412[1].JPG

Ti
IMG_7413[1].JPG

SS
IMG_7414[1].JPG

TCR M1~M3
IMG_7415[1].JPG
IMG_7416[1].JPG
IMG_7417[1].JPG

+ボタンを押すごとに
VW→Bypass→Ni→Ti→SS→M1→M2→M3
の順に切り替わります。

そのほかの機能
電源ON時
・TCモード時パフボタン4クリックでワット調整
・パフボタンと-ボタン同時長押しで液晶のステルスON/OFF
・+、-同時長押しで抵抗値のLOCK/UNLOCK

電源OFF時
・パフボタン20クリックでバージョン情報表示
・パフボタンと+ボタン長押しで手動TCR設定
・パフボタンと-ボタン長押しでバッテリー電圧表示
・+、-同時長押しでスクリーン反転
になっています。

アトマイザー装着
Kangertech TOP TANK mini
IMG_7427[1].JPG

Geek VAPE Avocado 22mm
IMG_7425[1].JPG
普段使っているセット。

Wotofo The Troll V2
IMG_7428[1].JPG

AvocadoとTroll V2は近々レビューしたいと思います。

最新ファームウェアアップデートで、電源ON時にカスタムロゴが表示できるようになっています。
その他は、VWモードでの画面表示の変更、Smartモードの追加もされています。

使ってみた感想
Good Point
・手のひらに収まるコンパクトサイズ
・コンパクトサイズなのに18650バッテリーに対応
・コンパクトサイズなのにフルスペック
・見た目の良いデザイン
・ファームウェアアップデートに対応

Bad Point
・+、-ボタンが底部なので操作が若干やりにくい
・アトマイザーが22mmまでしか対応していない

18650バッテリーに対応しているのにコンパクトでフルスペックかつ値段もお手頃と魅力たっぷりなMODの『iStick Pico』人気なのにも納得です。スターターキットもあるので、これからVAPEを始めようとする方にもおすすめですね。



Kangertech - TOP BOX mini スターターキット レビュー [MOD Review]



Kangertechと言えば、スターターキット「SUBOX mini」が大ヒットしました。
今回は、そのSUBOX miniの後継機であるスターターキット「TOP BOX mini」のレビューをしていきます。

外装・開封
IMG_7147.jpg
IMG_7148.jpg
IMG_7149.jpg

パッケージ内容
・KBOX Mini TC75 本体
・TOPTANK mini アトマイザー
・Ni200コイル(0.15Ω)
・SSコイル(0.5Ω)
・クラプトンコイル(0.5Ω)
・RBA Mini plus ユニット
・RBA用パーツ
・USBケーブル
・取扱説明書

KBOX Mini TC75 本体
IMG_7157.jpg

・本体サイズ
82mm x 39mm x 22mm

スペック
・出力電力(W):7.0W~75.0W 0.1W刻み
・温度管理機能(TC) : Ni(ニッケル) / Ti(チタニウム) / SS(ステンレススチール) / Ni-chrome(ニクロム&カンタル)
・温度管理範囲: 100 - 300C / 200 - 600F
・最低抵抗値:0.1Ω
・18650バッテリー 1本使用

主な機能
・短絡警告
・オープンサーキット保護 (アトマイザー未接続、接続不良)
・過充電保護
・10秒カットオフ
・低電圧警告
・ノーリキッドプロテクション(TCモード時のみ)

マグネット式のカバーを外してバッテリーを脱着します。
IMG_7158.jpg
+が下になるように入れます。
IMG_7162.jpg
カバーのロゴマークがベントホールになります。
IMG_7163.jpg

パフボタン5回押しで LOCK/UNLOCK
IMG_7164.jpg
アトマイザーの装着が無いときは、抵抗値が99.9Ωと表示されます。
IMG_7165.jpg

パフボタン3回押しでモード切替になります。

VW
IMG_7165.jpg

Ni
IMG_7166.jpg

Ti
IMG_7167.jpg

SS
IMG_7169.jpg

NC
IMG_7170.jpg

VW→Ni→Ti→SS→NCの順に切り替わっていきます。

本体にアトマイザーをセットしてパフボタンを押すと
IMG_7171.jpg
「NEW ATOMIZER?」と表示が出るので、YESなら+、NOなら-を押します。

YESを選択すると、抵抗値が表示されます。
IMG_7172.jpgIMG_7172.jpg

まあ、TCモードが付いた以外はSUBOX MiniのKBOX Miniと同じですね。

TOP TANK Mini
IMG_7150.jpg
トップフィルになったSUB TANK Miniですね。

分解します。
IMG_7151.jpg

トップキャップを外すとリキッドチャージのホールが出てきます。
IMG_7156.jpg
IMG_7155.jpg
ホールも広めなのでリキッドチャージも楽に行えると思います。

エアーフローコントロールは3段階調整になっています。

1段階目(最小)
IMG_7159.jpg

2段階目(中間)
IMG_7160.jpg

3段階目(最大)
IMG_7161.jpg

全閉には出来ません。

コイルユニット
IMG_7152.jpg
IMG_7153.jpg

左から
・RBA Mini plus ユニット
・Ni200コイル(0.15Ω)
・SSコイル(0.5Ω)
・クラプトンコイル(0.5Ω)
になっています。

コイルユニットが3種類も入っているので、どれから試そうか悩んでしまいますね。

最後にリキッドをチャージした所です。
IMG_7173.jpg

コイルはクラプトンコイルを使用しました。
吸ってみた感想としては、エアーフロー全開でも、程よいドロー感があり、ミスト量、味とも十分に出ます。クラプトンコイルは立ち上がりが遅いと言われますが、自分は気になるほどでもありませんでした。

総合的な評価としては、プリメンドコイルが3種類入ったTC付きのスターターキットですので、初心者の方(自分も含め)でも、手軽に温度管理を楽しめるので良いと思います。

SUBOX miniの後継機で、温度管理も楽しめる「TOP BOX mini」は、かなり熱いスターターキットだと思います。

スモトク powered by CIGA


Innokin - Cool Fire IV PLUS with Apex レビュー [MOD Review]



Innokinの代名詞ともいえるCool Fireシリーズの「Cool Fire IV PLUS with Apex」のレビューをして行きます。

外装・開封
IMG_7175.jpg

IMG_7176.jpg

IMG_7177.jpg

IMG_7181.jpg

パッケージ内容
・Cool Fire IV PLUS 本体
・iSub APEX TANK アトマイザー
・ステンレス ドリップチップ
・パイレックスガラス ドリップチップ
・交換用コイル(0.5Ω)
・交換用Oリング
・USBケーブル
・取扱説明書 (英語)

Cool Fire IV PLUS 本体
IMG_7178.jpg

・本体サイズ
85mm x 41mm x 24mm

スペック
・出力電力(W):6.0W~70.0W 0.5W刻み
・出力電圧(V):2.0V~7.5V 0.1V刻み
・バッテリー容量:3300mAh
・対応抵抗値:0.1Ω~3.0Ω

主な機能
・短絡警告
・チャックアトマイザー(アトマイザー装着なしか3.5Ω以上で警告表示)
・過充電保護
・パススルー充電
・ 出力記憶機能
・熱保護機能
・15秒カットオフ
・低電圧警告

パフボタン3回押しで LOCK/UNLOCK
IMG_7179.jpg
IMG_7180.jpg

VW MODE パフボタンと+ボタン同時押し
VW:6.0W~70.0W 0.5W刻み

VV MODE パフボタンと-ボタン同時押し
VV:2.0V~7.5V 0.1V刻み

+、-同時押し
バッテリー残量、抵抗値、パフ回数

+、-同時長押し
画面反転


iSub APEX TANK
・分解
IMG_7182.jpg
分解出来るのはここまでのようですね。

・エアーフロー
エアーフローは、無段階調整になっています。

全開
IMG_7184.jpg

全閉
IMG_7183.jpg

・トップリフィル
リキッドをチャージするとき楽ですよねー。

閉じた状態
IMG_7186.jpg

開けた状態
IMG_7187.jpg

・コイル(0.5Ω)
コイルはiSubと同じものになります。
IMG_7190.jpg

上部には、リキッドの飛び跳ね防止のメッシュがついてます。
IMG_7188.jpg

はい。ざっと見ていきましたが、とにかくこのアトマイザーがすごい!

・トップエアーフローなので、リキッドの漏れが無いと言って良いほど、漏れづらい。
・Innokinが特許を取得した特殊な2重構造の気流システム(プリズムフレーバープラスシステム)によって、味が濃い。
・サブオーム対応なので、爆煙。
と、3拍子揃ったアトマイザーなんです。

実際に吸った感じは、エアーフロー全開でも程よいドロー感があり、爆煙で美味しく吸えます。
バッテリー内臓タイプなので、これからVAPEを始める人にもおすすめ出来るスターターキットになっています。

電子タバコ専門店 オフィスエッジ


MOD Review ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。